なくせ貧困、生活保護、審査請求

 富山市の生活保護引き下げ、3年間で段階的に総額7,635万円の減です。


 生活保護の減額影響について、政府は、生活保護費のうち、食費や光熱費などの生活費部分について、月から3年かけて総額で670億円を段階的に引き下げます。夫婦と子どもの世帯を中心に最大では、10%減額となります

 8月からの生活保護基準見直しの影響について、石川県は3年間で1億8千8百万円減となるとしています。

 富山市の生活保護の減額影響について求め、市の推計報告が出ました。3年間で総額7,635万円の減です。
 今年度は総額2
,007万円の減。8月からの減額からさらに、11月~3月の冬季加算、期末一時扶助も減額されます。14年度は新たに年間3,216万円の減。15年度はさらに新たに2,416万円の減となります。

 国民の所得を引き上げるには、貧困問題の解決、格差の解消へ、低所得の方の底上げを図りながら、全体のくらしの応援が必要です。これに逆行する生活保護の減額は、国民のくらし全体、地域の経済にも重大なマイナス影響となります。


 富山市生活保護減額合計  76,356千円

                                                          単位 千円
2013年度 2014年度 2015年度
生活扶助・住宅扶助 16,080 32,160 24,120
冬季加算 1,521
期末一時扶助 2,475
減額合計 20,076 32,160 24,120

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2013 - 2017 中山雅之 All Right Reserved.