市営住宅、市立公民館など

富山市立公民館・地区センターの改築を急いで!「耐震化必要」6館、「狭い」;基準面積の半分以下など。

小学校区名 耐震性
現存延床面積
㎡(A)
基準延床面積
㎡(B)
A/B(%) 人口 建設年
1 奥田 1,263 650 194% 10,724 1971
2 奥田北 485 700 69% 8,269 1978
3 倉垣 306 450 68% 3,203 1979
4 長岡 357 450 79% 4,259 1978
5 大沢野・船峅 331 450 74% 2,334 1977
6 八尾 1,769 450 393% 2,456 1974
7 豊田 374 900 42% 15,145 1980
8 堀川南 359 800 45% 13,858 1981
9 蜷川 388 800 49% 13,252 1982
10 藤ノ木 427 800 53% 14,522 1981

富山市の市立公民館・地区センターで、耐震補強が必要、建設時と比べて人口増で、狭くて困っている。など地域の改築への要求は切実です。デフレ不況脱却のためには、公共事業は市中心部の重点事業優先・大型箱物づくりから、生活密着型、維持・補修型へ抜本的に転換することです。地元の中小建設業者の仕事起こしにも有効です。
 ※市立公民館建設規模基準は、人口区分で基準面積が決まります。図書館分館が設置の場合は、150㎡を上乗せします。表は富山市「公民館建設規模基準等」より、2012.3.5現在

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2013 - 2017 中山雅之 All Right Reserved.