道路、橋など公共事業のあり方

 今でしょ!(*`θ´*) デフレ不況脱却へ、生活密着型、維持補修型の公共事業を増やす時です。


富山市が合併した05年度から半分以下に減額の側溝工事費

年度 富山市の側溝補修工事費 05年1とした推移
2005 5億3462万 1.00
2006 5億6814万 1.06
2007 4億8698万 0.91
2008 5億2286万 0.98
2009 4億3969万 0.82
2010 3億3063万 0.62
2011 2億5074万 0.47


   表は富山市主要施策成果報告書の決算より
  
地域の切実な側溝補修の要望は、ブログでも一部を紹介してきましたが、予算不足等の理由で、なかなか実現し
ていません。実現しても、一気に工事が完了せず、非効率に分割しての工事となっています。

  今後の公共事業は市の借金を増やす新規の大型公共事業優先から、既存施設・身近な道路などの維持・補修型、生活密着型の公共事業重視への転換が重要です。
  デフレ不況脱却のためにも、地域の建設業者、中小企業のみなさんの仕事おこしとなり、地域の経済をたてなおす力になります。

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2013 - 2017 中山雅之 All Right Reserved.